2017年03月19日

貞子VS伽椰子

 ネット上の評判は上々である。真剣に怖い、という声も大きかったので期待も高まっていたのだが、さて。

 ストーリーはすでに説明するまでもない。
 光石監督作品の霊能力者の系譜に連なる、安藤政信演じるろくでなし霊媒師・経蔵による、バケモノにはバケモノを、という、これは看板に偽りなしの「VS」ものとなっている。
 そして、時代に取り残された映像記録媒体である「呪いのビデオ」が再発見される経緯、なかんずく導入部の、独居老人宅を訪問するケースワーカーのシークエンスは、Jホラーならではの静謐とかすかな腐臭が映像から漂い、耳元に屍体に集まる昆虫の羽音を聞くような心地がある。流血量で「怖さ」を呼び出すようなホラーとは、異なる世界を構築しうる監督なのだ。
 さらに続くリサイクルショップでの顛末も、アルバイト店員のキャラクターの面白さ──微妙にカンに障る──もあって、過剰になっていくしかない恐怖描写を笑いでごまかす方法を選択していない、これは「真面目」な続編だ。

 また、"彼ら”が自らのルールを厳守して、子供でさえも容赦なく餌食とするところも、予算規模の増大に伴って、ファミリー向けな甘さに浸食されがちな邦画としては思い切りのよいところであり、その妥協の無さも支持したい。
 ただし、この企画のハードルの高さも見えたところがあった。
 どうも、欧米風の実体を持つ怪物と異なり、物理的な力を持たない日本の化け物の場合、「対決」というのは映像表現には難しく感じられるのだ。
 端的に言えば、ジェイソンとフレディならばありうる格闘が、貞子と伽椰子では画にならない。暴力ではなく心理的な圧迫によって相手を潰す彼女たちが、恐怖という感情を残しているのかどうかさえ不明な相手に、その力を及ぼしていることをどのように観客にみせるのか、この部分については、一観客としては完全な満足感を得ることはできなかった。
 そういえば、本作には黒史郎によるノベライズ版がある。
 もしかすると、文章の方がこの部分については向いているのではないか、などとも思いついたのだが、さてどうだろう。
 
 とはいえ、それなりの予算で作られた本気の続編である。
 十分にお薦めできる一作。★2つ半。
posted by Sou at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする