2015年02月01日

死呪の島

 新人・雪富千晶紀による第21回日本ホラー小説大賞、受賞作。
 
 辺鄙な島に残る血なまぐさい伝承、因習に満ちた人間関係、頻発する怪異な死亡事故、そしてやがて姿をみせる禍々しきものたち……。
 もう、これ以上はないほどホラーの王道を行く作品である。
 想像だにしない奇想の連続に翻弄される読書体験も捨てがたいが、古典的ジャンルホラーの、歳月に磨かれた骨格を備えたこういった作品は、確実に読み手の心をとらえる魅力を備えている。
 
 ただし、その原型が古いものであるだけに、21世紀の現代を舞台とするには越えなければならないハードルも多く、本作もその全てをクリアできているわけではない。ことに、組織としての警察の無能であることや、呪術の有効性やその解決方法など、現実と超常的な世界との接合には、やや説得力の不十分を感じた。
 また、主人公を高校生の男女としたことで、全編に微妙な明るい空気があったのも、陰惨好き中年男である私の嗜好には合わなかった(笑)
 
 とはいえ、こういった設定の作品が貴重であることは間違いない。
 そして、そこに投げ込まれる思い切りの良い直球には、ホラー小説の一愛読者として拍手をしてしまうのである。果たして、次は変化球が来るのか、それとも球威を増した直球だろうか、と期待しつつ。★1つ半。
posted by Sou at 20:59| Comment(10) | TrackBack(1) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おもしろそうじゃないですかー
お約束要素てんこ盛りやし

とくに
「主人公を高校生の男女」のあたり(^ω^)

メモしときます!
Posted by K@zumi at 2015年02月09日 20:59
うん、道具立てはいいんですよね。
描写も、そんなに浅くは無い。

ただ、やや多彩と言うか盛り込みすぎと言うか、どこに行くの、というか、いやあ(笑)

Posted by Sou at 2015年02月09日 22:46
読了しました(^∇^)

で、トラックバックのお願いにあがりました。
明日あたりアップしようと思いますが、了承いただけますか?
Posted by K@zumi at 2015年05月10日 19:27
ごあいさつありがとうございます。

お待ちしています。
Posted by Sou at 2015年05月10日 20:47
ありゃ?

送信されてませんか?
操作間違ってるのかな?
うーん( 一一)
Posted by K@zumi at 2015年05月12日 16:58
あ、わかりました。
多分、
「言及リンクのないトラックバック」を禁止
の設定にしていたからかと思います。

失礼しました。
これに懲りず、どうぞまたのお越しを。
Posted by Sou at 2015年05月12日 19:44
わたしもトラバってはじめてなんでよく分かってないんですよー。
もしかしたら根本的に間違ってるのかも??

ところで、Souさんのブログリンクに載せていいですか?
って載せるんですケド(´∀`)
事後報告です。
Posted by K@zumi at 2015年05月13日 19:53
リンク、ありがとうございます。
トラックバックの方は、今度は私の方からも送ってみます。

Posted by Sou at 2015年05月13日 21:51
これでどうだっ!

「言及リンク」入れてみました。
これでダメだともうお手上げ(´Д⊂グスン
Posted by K@zumi at 2015年05月14日 12:12
無事反映されました。
めでたしめでたし。

あ、でも言及リンクは不要の設定にしましたので、以後は大丈夫かと思います

今後ともどうぞよろしく。
Posted by Sou at 2015年05月14日 21:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

死呪の島
Excerpt:   死呪の島  雪富 千晶紀   KADOKAWA/角川書店 2014-10-30  売り上げランキング : 86374  Amazonで詳しく見る by G-Tools 伊豆諸島の東端の須栄島。..
Weblog: K's Diary
Tracked: 2015-05-14 12:11