2015年02月22日

トーク・トゥ・ザ・デッド

 鶴田法男の監督作品は、どうもいまひとつ印象が鮮明でない。
 その代表作も「おろち」あたりになるのかな、という認識だったのだが、しかし、私的には本作がそれに代わった。

 死者と話すことのできる携帯アプリケーションなるものが、このストーリーのメインアイディアだ。
 しかし、正直、デジタル機器を介して死者とアクセスするというアイディア自体は斬新なものとは言いがたく、また、訪れる死者の姿を始めとしたショックシーンも、既存のJホラー的演出に鮮烈な1ページを加えるほどのものではない。
 だが、この作品の味わいは、そういったホラー映画的要素のみを偏重するところにはないようだ。
 インパクトを優先した脚本のご都合主義を抑え、「呪怨」などとは対照的に、恐怖以外のキャラクターの心の動きを細かく描き、それを表現する俳優の演技を、ジャンル外の映画のように、魅力のひとつとしてきちんと見せてくれている。
 
 ことに、不幸な生い立ちを持つヒロインの同僚・マユは、自分を認めてくれる相手を切実に求める心の持ち主という、誰もがその姿をみつめ続けることに痛みを覚えるキャラクターとして、桜井ユキによる好演があり、また、ヒロインは、ある種パターンどおりの主役キャラクターゆえ、やや個性が弱かったものの、恋人役の青年は、いかにもその過去と現在をうかがわせる翳があり、脇を固めるベテラン、嶋田久作などとともによく印象に残った。
 そして、何よりもお薦めしておきたいのは、ヒロインの毒親役である毬谷友子の怪演である。
 これはもう、何というか本当に凄い。
 オーバーなアクションがあるわけでもないのだが、ちょっとした所作のひとつひとつからざらりとした荒んだ感触が伝わってくるのである。かってはタカラジェンヌであったという女優さんだが、このジャンルでの次の出演作を待ち望んでしまうところだ。
 
 「人間ドラマを描いた」と称する種類のホラー映画はおおむね駄作だが、同種の方向性を持ちながらこの作品に私が好感を覚えることができたのは、ホラーを方便として利用する種類の浅ましさが無いからだろう。目立たぬながら、佳作である。★3つ。
posted by Sou at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああ、毬谷友子さんは怖いでしょうねえ。
もう彼女の名前を聞いただけで内容が想像できるくらい
彼女って記憶から消せない稀有な存在感ですものね。

ホラー好きの長女が帰ってきたら、借りて一緒に見てみよう(^∇^)
Posted by K@zumi at 2015年02月23日 22:57
私は知らない女優さんだったのですが、そういった役柄が多い方だったのでしょうかね。

いずれにしろ、今後チェックすべき名前となっているのですが。

Posted by Sou at 2015年02月24日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック