2015年11月08日

佐助を討て

 戦国時代の架空のヒーロー・猿飛佐助を、しかし主人公には据えず、彼を討つことを命じられた、徳川家の名も無き忍者たちの側からその戦いを描いた一作。
 
 敵である佐助は、人間の限界をはるかに超えた能力を持つ悪夢のごとき存在、一方、主人公たちは、優れた忍びとはいえ常人の身、チームワークと多勢と、捨て身の覚悟より頼るものはなく、佐助ともう一人の超人・霧隠才蔵の手にかかっては、彼らの身に指一本触れることもかなわず、次々と命を奪われていく。
 しかも、幕府の体制はすでに磐石のものとなり、佐助以下、真田十勇士の残党にも、それを覆す力などはない。つまり、主人公たちは捨て置いてもかまわない残敵掃討のために、死地に臨むのである。
 
 生命を賭けつつも、それが無意味なことであるという、この虚無感は本書の全編に濃く漂っている。
 そしてこれは、ジャンルの事実上の創始者、山田風太郎の忍法帖にも通じるものがある。世界そのものの不条理の中で、圧殺される青年、老人、少女、そして異能力者、しかし、その中にあってもなお、人生を生きるに値しないものとは結論付けていないところにもまた、風太郎作品同様の吹き抜けるものがあって、読後感は悪くない。
 
 と、ちょっと硬い感想になってしまったのだが、実は読んでいる最中に、風太郎作品と平行して連想したものがあった。この話はあれだ、特撮番組の、悪の組織の戦闘員の記録に近い(笑)
 佐助の無闇に強いのに戦いを好まぬところはそういった作品の「正義の味方」を思わせるし、佐助との戦いに魅入られて組織に従わない行動をとる才蔵は、ハカイダーとかタイガージョーとか(古すぎか)、あのあたりのキャラだ。そして、主人公たちは、正義の味方に蹴散らされる、名も無き戦闘員である。
 ……と、こう書いてしまうと今度は一気に柔らかくなりすぎかも知れないが。
 
 甘さや笑いの無い、男性的なごつごつとした物語だが、敵役のキャラクターはよく立っており、伝奇的な意外性の展開もあり、私好みの時代娯楽小説だった。★2つ半。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック