2016年07月22日

残穢 −住んではいけない部屋−

 原作はここ数年内の怪談小説中の個人的ベストである小野不由美作品。その映画化とあって期待と不安の半ばするところでの鑑賞となった。
 
 不安の大きなものは、この原作はあまり映像化に向いた作品とは思えないこと。
 なにしろ、導入部の「箒の音」を除いては怪異の様子をほとんど描かず、主人公の視点で集めた情報を組みたてていくことで、その輪郭を浮かび上がらせる、活字による表現を活かした物語なのだ。要は恐怖の「姿」は読み手の想像力に拠っているのである。
 「リング」にしろ「呪怨」にしろ、成功したホラー映画は、恐怖の対象をしっかりと視覚化している。なんのかのといって、それなしでは難しいジャンルなのだ。しかし、といって今更に90年代のJホラーへと後退して、髪を振り乱した女性を登場させてみたところで仕方が無い。2010年代にふさわしい新たな恐怖の演出が必要なのだ。
 
 この難題に対し、中村義洋監督は恐怖に触れた人々の、より詳細なディティール描写をもって回答とした。
 マンションの先住者である家電量販店の店員、隣人の夫婦、より古い時代の自殺者など、彼らのきわまった憔悴、明らかに心のバランスを崩してしまった表情は、彼らの接した体験の比類の無いおぞましさを、凡百のCGを用いても及ばぬほどに伝えるものとなっている。
 彼らを演じるのはいずれも著名な俳優ではないのだが、それゆえに観る側からの距離は小さく、その日常が壊れることのリアリティの重みは大きい。
 
 もっとも、本作にも露骨に怪異を視覚化したシーンはある。
 しかし、それはあまり精彩も必要も感じられるものではなく、正直なところ抑制した描写で創りあげた作品のトーンを乱してしまっているようにさえ見える。おそらく、このあたりは娯楽作品としての「わかりやすさ」を求められての挿入なのでは、などと邪推してしまうのだが、個人的には不要なシーンだった。
 正直、本作はもっと低予算で、CGなど使えず、ひたすら俳優の演技で見せる作品となっていれば、その方がより私の好みには合ったものとなっていたかもしれないとも思う。
 
 主演の竹内結子は今回は、頭は良いがおっとりとした女性作家という役作り。精神力の強さが前面に出るタイプでもないのだが、容易に恐怖に飲み込まれないところは、ジャンルのヒロインとしては異色だろう。
 夫役の滝藤賢一はもしかして綾辻行人の私物をそのまま借りたのでは、と思うほどに完璧なファッションと外見。佐々木蔵之介が演じる作家・平岡芳明の、徹底した不謹慎ぶりは、本当のモデルとは少々異なるのではないか、という気がするが、ある意味もっとも「怖い人間」としてキャラ立ちしていた。
 
 
 近年低調な邦画ホラーとしては、相当の傑作というのが個人的な評価。恐怖を観客に伝える演出の、新しくもなぜか手堅ささえ感じられる完成度に拍手。★3つ半。
posted by Sou at 20:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんと!奇遇です!!
わたしも先日よやっと『残穢』観ました。

気色わるかったですねえ。
想像以上に良く出来ていてびっくりだった、というのが正直な心境です。

感想書こうと思ってたんだけど、ここにみんな書かれちゃいましたよ。
困ったー( >Д<;)
Posted by K@zumi at 2016年07月23日 08:28
俳優の演出が上手くて、話をしてくれる一般人の、いるなあ、こういう人、という存在感が抜群でした。
あの大屋のおばさんの、古い地主さんらしさとか、マンションの向かいの住民のちょっとヤンキーが入った若夫婦とか。

たしかに、想像したより良かったです。

Posted by Sou at 2016年07月23日 21:34
たしかに俳優さんの描写にはリアリティがありましたよねー。
「呪いのビデオ」みたいなヤラセ感に満ちたドキュメンタリーちっくでなくてホッとしてます。

☆トラバさせてもらいますねー!
Posted by K@zumi at 2016年07月23日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―
Excerpt: 残穢[ざんえ]―住んではいけない部屋― [DVD]posted with amazlet at 16.07.23Happinet (2016-07-02)売り上げランキング: 2,107Amazon...
Weblog: K's Diary
Tracked: 2016-07-23 22:28