2016年08月07日

ピストルオペラ

 殺し屋をまとめる組織「ギルド」に内紛が起きる。
 ナンバー1の殺し屋「百眼」の手によって次々と消されていく殺し屋たち。ナンバー3のポジションにある「野良猫」こと皆月美有樹も、その標的とされるが……というのが導入部だが、公開時に観てそのストーリーはよくわからなかった。で、久方ぶりにあらためて観てもやはりわからない。さすがは鈴木清順である。こういうマイペースなスタイルを維持できるのは、やはりその「清順美学」に魅了され、それに貫かれた新作を渇望するファンの支持があればこそなのだろう。
 私は正直なところ、この手のストーリーを把握できない作品を楽しむ能力は持ち合わせていないのだが、それでもかの『ツィゴイネルワイゼン』には圧倒されたし、この作品もまた、なんだかわからんが凄いし面白いぞ、という感想を抱かされた映画だった。
 
 独特の色彩感覚、構図、イメージを先行させたカットのつなぎ、弛緩を意識するその瞬間に入ってくる音楽、そしてその動きをどのタイミングで切り取っても、完璧な絵となっていそうな山口小夜子の超然とした美しさ、対峙する江角マキコの均整の取れた長身は、黒い和服にブーツという個性的な衣装をまとって、肉体そのものの持つ魅力を感じさせてくれる。物語の筋とか、そういうことはとりあえず措いておいても構わない映画というのがたしかに存在するという、実感を得ることが出来る作品だと思う。
 ちなみに、脚本は伊藤和典、特撮は樋口真嗣と、かなり意外な起用だが、彼らのカラーらしきものは特に感じられない。聖書の引用ではないかと思われるセリフの存在が、かろうじてそれらしいところだろうか。
 
 それにしても、およそ実用性の片鱗も無いスカートを身に着けながら、優雅に振舞うことのできる山口小夜子の挙措は必見である。ああいう動きの出来る女優というのは、私の狭い見聞の中には、他に思い当たる名前がない。
 
 感性でその世界に浸るべき映画。★3つ。
【関連する記事】
この記事へのコメント
「物語の筋とか、そういうことはとりあえず措いておいても構わない映画というのがたしかに存在する」
というのはすごくよく判ります。

その「ムチャクチャでなんかわかんないけど心に残る」っていうのは、9割くらいの人が「まあまあ」と思う作品よりも、意味があるような気がします。

これ、見てみたいなー。
Posted by K@zumi at 2016年08月17日 15:28
この人の作品は、それなりに映画通でないと適切な解説は難しいでしょうね。
私には、まあこの程度。
観ておいた方が良い作品ですよ、とは断言できますが。
Posted by Sou at 2016年08月17日 17:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック