2016年08月25日

コルトM1851残月

 月村了衛による、江戸時代を舞台としたノワール小説。第17回大藪春彦賞受賞作。
 
 19世紀半ばの江戸は、同時代の国際水準を越える治安を確保してはいたものの、警察の能力は尚、現代とは比較にならず、その一方で長期の政治的安定下にあって、経済システムは緻密なものに成長を遂げていた。これは要するに、経済的組織犯罪者を生み出す環境が整っていたということであり、となれば、それはノワール小説の舞台としては、まことに好適な時代であったということだ。
 
 主人公の「残月」こと郎次も、表向きの家業は廻船問屋の番頭である。
 しかし、抜荷の采配がその本業であり、必要とあれば荒事にも手を染め、しかもけっして容赦はせず、加えて「仲間」であるはずの札差儀平の身内も、およそ心を許す相手ではなく、常に出し抜き、蹴落とす機会をうかがうだけの存在である。
 もう少し信頼できそうな情報屋程度はいても良いかも、と思うのだが、本作ではそういった甘さは排除され、殺伐としたやりとりに終始する。しかし、その徹底こそが、その疾走の果てに生まれる人とのかかわりに、鮮明なコントラストを与えている。
 また、ストーリー展開の、予見することが難しいにもかかわらず、読んでみれば、なにひとつ娯楽作品のあるべきかたちから外れていない感というのも舌を巻いてしまうもので、うーむ、月村了衛ってすごいなあ、としか言いようがない。

 敢えて個人的な好みの別れそうな部分を言うならば、このジャンルにしては、文章に妙な癖や凝り方がなく、柔らかく読みやすい印象があるのだが、反面、この文体が、クライマックスの重量感や圧力を、ほんの半歩、控えめにしてしまったようにも感じられた、という程度だろうか。
 とまあ、このくらいは書いておかなくては「面白い」だけで終わってしまう。
 ことほど左様に、これは真正面から面白い小説なのである。★3つ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック