2016年08月28日

景徳鎮からの贈り物―中国工匠伝

 陳舜臣による、中国史を舞台とした工匠たちの物語。
 
 全8編
「金魚群泳図」
「挙げよ夜光杯」
「波斯彫檀師」
「景徳鎮からの贈り物」
「墨の華」
「景泰のラム」
「湖州の筆」
「名品絶塵」

 文庫本の初版は1984年と、30年以上昔の作品になる。
 しかし、歳月によって古びてしまったとは、ほとんど感じさせられることがない。
 熱っぽい文章ではなく、淡々としながら、しかし佳境に入れば、ピンと張り詰めたものがみなぎって、何時の間にか登場人物の気持ちに同調させられてしまうのである。
 中国史と一口に言っても日本人に馴染みのある時代ばかりではないのだが、「湖州の筆」を除いては、いずれも作者の身辺雑記的な話題から始まって、簡明に工芸品・美術品の歴史と背景を語り、そこから慣れた筆で過去の世界に誘導されるために、読み慣れない固有名詞の頻出する時代小説といえども、その敷居はごく低い。
 また、歴史小説にありがちな、大仰な言葉を登場人物に使わせたりしないのもこの作者の特徴だが、それでいながら重厚な歴史知識は、小手先の演出では醸し出せない味わいを小説に与えており、どうも熟練の筆、といったところだろうか。田中芳樹や井上祐美子といった、中国史を題材とする作家たちがそろって表明する作者への敬意は、ただ先行者という理由のみではないことが納得できる一冊だ。
 
 名工匠による超人的な技巧について記した物語ばかりだが、奇跡譚の類ではなく、また、血涙の滲む修行の物語でも無く、天下に屈指の特殊な技能を持つ人々の、その技能への傾倒を生み出したきっかけとなるドラマを綴った物語。
 
 清朝末期の西域を舞台に、心ならずも反乱勢力の下で働かざるをえなくなった刺繍の名手・張晋渓が、自身の知略と卓越した技能によって、その境遇からの脱出を試みる「金魚群泳図」が★3つ、他は2つ〜2つ半、というところ。
posted by Sou at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:歴史・時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック