2016年10月23日

目嚢

 加門七海による長編ホラー小説。
怪談作家の鹿角南は、従妹の嫁ぎ先、菊池家の古い土蔵で見つかった「目嚢」という古文書を預かる。そこに記された怪談に興味をひかれ、菊池家の歴史を調べようとする南だが、まるで誰かが邪魔するように、指が切れ、虫が湧き、一人暮らしの部屋に異変が起こり始める。迫りくる怪異は、止まることなく続いていく……。
名手が描く、背筋が凍る傑作長編ホラー小説。
               本書裏表紙 内容紹介から

 怪談好きであれば想起する、根岸鎮衛の「耳嚢」が書名の由来するところ。鎮衛が聞いた話を書き留めたところから「耳」を書名に入れたのに対し、こちらは作中の人物が自身目撃した妖異の記録ゆえに「目嚢」とつけた、という設定。すなはち、体験談の記録なのである。
 こういった日記などに多い古記録から、そこにあった怪異と、平行して主人公が現代に遭遇する怪異との関わりを探る、というのは怪奇小説の古典的なスタイルのひとつだ。日常の話題の中に散発的に語られる短い怪談を、パズルのごとく組み合わせて事実にたどり着く、一種ミステリー的な妙味がある。重層的でタイムスケールを大きく取っているものの、あの「残穢」も、このバリエーションに分類できるだろう。

 ただし、本書の場合は、「残穢」などに比較してはページ数の制限もあって、そこまで入り組んだ謎をしつらえてはいない。とはいえ、個々のエピソードのインパクトは引けを取らず、加えて戦前の記録とされる語り口調が、いかにも古い時代の教養と観察眼を備えた人物のものであり、実務的とさえ言えそうな淡々とした調子と相まって、読み手の想像力をただ昏い方へと追う力は並ならぬものがある。杉浦日向子の「百物語」を髣髴とさせられる、と言えばそのポテンシャルは理解されようか。
 そして、それだけの作品であるだけに、やはりボリュームに不満が残る。
 作中には、もう少し発展させることができそうだったエピソードもあり、登場人物の掘り下げを含め、作品自体のスケールもより大きな規模に構築することも可能なもので、あと100ページほどもあれば、とは読後に感じさせられたところだった。
 新刊で出たばかりのときにこんなことを言うのも何ではあるが、書下ろしを加えた改定新版が企画されないものか、そんな気持ちにさせられた一作だった。
 
 本年のジャンル長編中のベストスリーには入れられそうな、怪談の本義である「怖さ」を正しく追求した傑作。★3つ。
posted by Sou at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この作品、評判良いので読んでみたいのですが、図書館にない。
買えばって話なんですが、みみっちくリクエストしてみようかなと思ってます。

ただちょっと恥ずかしいんですよね、申請用紙に題名書くの(ω)
Posted by K@zumi at 2016年12月01日 20:20
>この作品、評判良いので読んでみたいのですが、図書館にない。

まあ、こう言ってはなんですが、ベストセラーの常連作家さんというわけではないですから、リクエストしないと入らないかも知れませんね。
しかし、怪談らしい怪談で、面白いですよ。

>ただちょっと恥ずかしいんですよね、申請用紙に題名書くの(ω)

この字、私はそらでは書けません(苦笑)
Posted by Sou at 2016年12月03日 19:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック