2017年01月15日

『幽』Vol.26 特集:夢野久作

 私事に多忙で、また、随分と休んでしまったが、ようやく復活。
 
 今号の特集は夢野久作。
 我々の祖父母の世代が知りながら、しかし社会のありようが大きく変化したことから、幻想を仮託しうる異世界となってしまった「戦前期」を、ある種象徴する文学者だろう。 
 その影響が現代の怪談作家にも及んでいることがよくわかるのが、三人の作家による競作企画となる「怪談ドグラ・マグラ」
 
 澤村伊智「居酒屋脳髄談義」は、いかにもこの作家らしい、身近な嫌らしい人物の描写からスタートする悪夢の世界。
 佐藤究の「猿人マグラ」は、久作と同郷人である作者の、少年期への回想から導かれる実話怪談的趣に、ややぬるいかな、と思っているといやいや、こう来るとは思わなかった一撃に悪寒を覚えることとなる。
 そして、ちょっとお久しぶり感のある飴村行の「U国」は、これは傑作。
 作風と題材の選択がはまり、戦前期の傷痍軍人の独言として綴られるグロテスクな世界は、私の脳裏には丸尾末広の挿画で再現された。ナスティな描写の多さから、あまり好みの作家ではなかったのだが、本作についてはその過剰性と非現実感が見事な効果を成しているように思う。
 
 能楽への造詣深かった久作とその作品について、文学研究者と能楽者による座談会「夢野久作と芸能」も、アカデミズムに偏った硬さがなく、幻想文学者の感性に対する、芸能実演者の視点からの感興を語った件などは、大いに興味深かった。
 
 ということで、特集は近年まれに見る満足度の高いものだった。それで連載陣も好調ならば……というところなのだが。
 
 京極夏彦の「虚談 キイロ」は、このシリーズではパターン化した、ディティールに凝った実話怪談風のテイストを持つ一作で、主人公が友人と興じた中学生時代の奇妙な「遊び」を語るやや散漫な回想譚ながら、どことはなく、落ち着きの悪い結末に置き去りにされる、まあ近年の京極作品らしい灰色の物語。……しかし、これはもしや完結していないのかな?
 
 これとは反対に、有栖川有栖の「濱地健三郎の事件簿」、近藤史恵の「震える教室」、朱野帰子の「帰り道」などは、怪異の説明がなされ、物語の決着が明示される正統派の怪談。ただそれだけに、どの作品もひねたロートル怪談読者である私を意外性でのけぞらせてくれるようなものではなく、少々大人しい印象。もっとも、幸せを失った女性の静かな再生譚という、かなりベタな展開ながら、山白朝子の「私の頭が正常であったなら」には素直に感動してしまったので、つまるところ自分の趣味という以上の判断ではない。
 
 本号のベストは、恒川光太郎の「彼方の町から世界がはじまる」
 路面電車でつながれたいくつかの駅とその周辺の街で構成された、完成された小世界。そこで人生の様々な苦悩に捕らわれることなく、穏やかな生活を送る主人公の元に届く不躾で奇妙な「手紙」。
 学童向けの童話に登場しそうな優しい街に、塵労に疲れた主人公の寄せる気持ちは、中高年であれば共感はせずとも理解はしてしまうことだろう。
 
 他の連載陣については、漫画関連は近藤ようこの「たそがれの市」を除いては、やや満足感低め。いずれもページ数が少なく、切り口のみでみせる「奇妙なはなし」で、怖いと感じられるものは無かった。例外的に正面から心霊譚を扱った柴門ふみの「マンションのともだち」はあるのだが、どうにも駆け足感が否めず、個人的には残念だったところ。
 
 
 一冊を通じては、連載陣にこれというものが無かった、という印象なのだが、しかし、競作「怪談ドグラ・マグラ」の三作という収穫に、全ては許せそうな気分である。全体的に小説の分量が増えて、読み応えが増したのは嬉しい。ただし、次号では漫画にももう少しページ数があれば、というところ。ことに柴門ふみには絶対に。★3つ。
posted by Sou at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

目嚢

 加門七海による長編ホラー小説。
怪談作家の鹿角南は、従妹の嫁ぎ先、菊池家の古い土蔵で見つかった「目嚢」という古文書を預かる。そこに記された怪談に興味をひかれ、菊池家の歴史を調べようとする南だが、まるで誰かが邪魔するように、指が切れ、虫が湧き、一人暮らしの部屋に異変が起こり始める。迫りくる怪異は、止まることなく続いていく……。
名手が描く、背筋が凍る傑作長編ホラー小説。
               本書裏表紙 内容紹介から

 怪談好きであれば想起する、根岸鎮衛の「耳嚢」が書名の由来するところ。鎮衛が聞いた話を書き留めたところから「耳」を書名に入れたのに対し、こちらは作中の人物が自身目撃した妖異の記録ゆえに「目嚢」とつけた、という設定。すなはち、体験談の記録なのである。
 こういった日記などに多い古記録から、そこにあった怪異と、平行して主人公が現代に遭遇する怪異との関わりを探る、というのは怪奇小説の古典的なスタイルのひとつだ。日常の話題の中に散発的に語られる短い怪談を、パズルのごとく組み合わせて事実にたどり着く、一種ミステリー的な妙味がある。重層的でタイムスケールを大きく取っているものの、あの「残穢」も、このバリエーションに分類できるだろう。

 ただし、本書の場合は、「残穢」などに比較してはページ数の制限もあって、そこまで入り組んだ謎をしつらえてはいない。とはいえ、個々のエピソードのインパクトは引けを取らず、加えて戦前の記録とされる語り口調が、いかにも古い時代の教養と観察眼を備えた人物のものであり、実務的とさえ言えそうな淡々とした調子と相まって、読み手の想像力をただ昏い方へと追う力は並ならぬものがある。杉浦日向子の「百物語」を髣髴とさせられる、と言えばそのポテンシャルは理解されようか。
 そして、それだけの作品であるだけに、やはりボリュームに不満が残る。
 作中には、もう少し発展させることができそうだったエピソードもあり、登場人物の掘り下げを含め、作品自体のスケールもより大きな規模に構築することも可能なもので、あと100ページほどもあれば、とは読後に感じさせられたところだった。
 新刊で出たばかりのときにこんなことを言うのも何ではあるが、書下ろしを加えた改定新版が企画されないものか、そんな気持ちにさせられた一作だった。
 
 本年のジャンル長編中のベストスリーには入れられそうな、怪談の本義である「怖さ」を正しく追求した傑作。★3つ。
posted by Sou at 20:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

家政婦トミタ

 幸せな家庭にやってきた、優秀な家政婦さん。さて彼女の正体は、というまあ隠してみても隠しようのないような素直なストーリー。だが、意外に面白い。

 本書の作者の高田侑は、第4回ホラーサスペンス大賞の受賞者。
 ホラーといえば、どうしても若者向けの印象があるが、この作者のペンはデビュー当初から奇妙に老成したところがある。超自然的な怪物よりも市井のエゴイスト、ことに金銭欲に憑かれた人物は、平山夢明や福澤徹三に劣らぬ、しかも、美意識の欠片も無い、あきれるほどに薄っぺらでグロテスクな個性として描きあげる。
 これは、作者の卓越した人間観察能力が活かされたものだろう。
 いや、実を言うと本書に限って言えば、「それだけ」という感もないではない(苦笑)
 ストーリーにはこれというヒネリもなく、ほとんど一本道で意外性もない。加えて、タイトルからも明らかな通り、読み手に特定のキャラクターを想起させることも計算においているだろう。これはやや安直にも見えることは否定できない。
 しかし、それで退屈する、というものではないのがこの作家の筆力なのだ。
 一人一人の登場人物が、その役どころとしてはパターン通りながら、現実の人間が持つ細かな心の揺れや人間的な癖、美点と欠点、そういったものをしっかりと与えられて造形されているために、その展開さえもおよそ見通せる筋立てにも、退屈するところ無く付き合うことができるのである。
 言ってみれば、平凡な脚本家による新鮮味の無い脚本を、一流の演技力を持つ役者が演じたドラマのようなもので、未知のものとの遭遇による驚きを期待して読むべき作品とはなっていないが、一定の時間を楽しむための娯楽小説としては、たしかな水準をクリアしていると言えそうに思う。
 
 付言しておけば、作者にストーリーテーラーとしての力が無い、ということではない。
 少なくとも、『うなぎ鬼』や『汚れた檻』などを読む限りでは、そちらの実力についても間違いはない。それらと比較しては、本作への評価は少々落ちる、というだけのことである。
 リアリティのあるノワールな世界が好きな読者ならば、気に入る作家なのではないだろうか。★2つ。
posted by Sou at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

深夜倶楽部

 都筑道夫による連作怪奇小説集。
 
 全7編
「死びと花」
「鏡の国のアリス」
「姫はじめ」
「狐火の湯」
「首つり御門」
「幽霊屋敷」
「夜あけの吸血鬼」

 岡本綺堂の代表的な怪談小説集に、「青蛙堂鬼談」がある。
 青蛙堂主人なる人物がホスト役を務める怪談会のスタイルで、様々な話者によって、多様な鬼談が語られる、という作品なのだが、本書はその綺堂をモダンホラーの書き手として高く評価する都筑道夫による、都筑版「青蛙堂鬼談」。
 
 ……というところではあるのだが、実は本書の各話はややページ数が多すぎて、いまひとつ構成にかっちりとしたところが感じられない。加えて、男性向けの娯楽誌風の描写が各編ごとに盛り込まれているので、ストーリーから浮いてはいないものの、怪談を楽しむ目的にあっては、やや雑味が混じる。
 本書の中でも、登場した著者自身が語るように、怪談は本来短編のものだということなのだろう、この7編の中でも、さらに細かなエピソードをいくつか連ねたスタイルのものの方に、精彩が感じられてしまうのも、そのためなのだろう。
 
 それでも不必要に構えたところのない、きりりとした簡潔な文章で、しかし、現実と幽冥のあわいを往還する筋立ては、さすがはマイスター都筑、の実感がある。その典型は本書の第一作目、北陸の旧家で、旧友から奇妙な「演技」の依頼を受けた役者の過ごす一夜を描いた「死びと花」。
 より短いエピソードでは、「姫はじめ」の中のひとつ、好条件のアパートに入った売れない講釈士の、薄気味の悪い体験の顛末が、いかにも綺堂風で秀逸。
 
 ストレートに恐怖や超常現象を押し出すのではなく、不分明ながら「悪いもの」に触れてしまったという灰色の記憶を描いた物語ばかりで、20年以上昔の初版ながら、手垢のついていない印象はある。★2つ半。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

バベル島

 若竹七海による、多様なスタイルのホラーを一冊に集めた短編集。
 
 全11編
『のぞき梅』
『影』
『樹の海』
『白い顔』
『人柱』
『上下する地獄』
『ステイ』
『回来』
『追いかけっこ』
『招き猫対密室』
『バベル島』

 本書に収録された諸編は、1993年から2000年までの八年間に各誌で発表された作品で、それぞれのスタイルは極めてバラエティに富んでいる。これは、作者の世界にどっぷりと浸りたい読み手には、やや深度の不足を感じさせてしまうかもしれないが、私のように一見に近い読み手にとっては、その多様なフィールドを確認できる最適な一冊となっていた。
 その中でも印象に残ったものは、以下の4編。 
 半世紀前の殺人に由来する、旧家の因縁とタブーを描いた『のぞき梅』
 評判の良くない隣人宅に見える奇妙な人影の謎を、実話怪談風に綴る『影』
 ユーモラスな語り口からは想像もつかない結末を迎えるサイコホラーの『ステイ』
 そして、なにやら橘外男か香山滋あたりによる戦前の海外奇譚小説の趣がある『バベル島』。
 
 シリーズ作品のキャラクター登場もあるので、ファンにとっては楽しめそうであるし、描写に粘着性のない、しかしキレの利いたタイプのホラーを好む人にもお薦め。★2つ。
posted by Sou at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月15日

怪談のテープ起こし

 本書は、本来は別個のストーリーとして発表した短編6作を、出版に至るまでに編集部で起きた(とする)奇怪な事件を「幕間」としてはさみ、各編のメタにあたるひとつの物語を構築し、浮かび上がるものを描いている、やや特異なスタイルの“短編集”。

序章
「死人のテープ起こし」
「留守番の夜」
幕間(一)
「集まった四人」
「屍と寝るな」
幕間(二)
「黄雨女」
「すれちがうもの」
終章
 
 怪談には二種類ある。
 怪異の原因がその結果に結びつき、物語の全貌が鮮明に見渡せるものと、怪異と結果の因果関係が不明であり、ときによってはその詳細がわからないものだ。前者は、おそらくは仏教説話などに原型がありそうな、不徳や不信心が招く応報的な惨事。後者は、これは中国の志怪書の類だろうか。ただ理不尽に遭遇してしまう災禍。
 
 三津田信三の怪談は、といえばこれは後者に分類されるように思う。因果関係はシンプルに直結しておらず、ストーリーをジグソ−パズルに例えるならば、そのあちらこちらには欠けたピースが存在する。
 しかし、そのピースの周辺は、欠落部に暗澹とした予測のみしか許さない、巧妙に設えられた、禍々しさを備えているのだ。
 
 本書の諸編もそういったスタイルで、怪異は常に不鮮明であり、ときには「偶然」という解釈さえ成り立たなくはない。しかし、そのような「偶然」を肯定しえない理性は、それゆえに「ゆるぎ」を覚えさせられる。
 以下、簡単に6編の感想。

 「死人のテープ起こし」は、自殺者が残したテープを聞く、という最悪の企画を実行する傲慢なライターと作者とのやりとりから生まれた、実話怪談の趣の強い一編。生活感の希薄なキャラクターが多い三津田作品にあって、本編で描かれる人物は、やや例外的なべたついたリアリティがある。

 「留守番の夜」は、一転して英国の怪奇小説の翻案めいている。
 桁外れの資産家宅で、若い女性が過ごす恐怖の一夜。設定自体はオーソドックスながら、怪異とそれに遭遇するまでの出来事は、どこか異世界めいた、我々の理とのズレを含んだもの。とはいえ、ラストはしっかりと怪談なのだが。
 
 「集まった四人」は、顔を知らぬもの同士が参加する登山の体験談、という、これも日本よりも海外の小説でありそうな設定。ただし、彼らを待つのは、我々が習俗の中に知り、忌避を心がけるものであったようだ。

 「屍と寝るな」は薄気味の悪さでは随一。
 作者の同窓会風景から幕を上げる実話怪談風の導入部だが、しかし、中国の古い怪談集にありそうな、朦朧とした灰色の記憶の中で語られる、人ならぬものとの接触による悪夢の物語。入れ子式に語られる、不吉で陰々としたエピソードの数々といい、本書中ではもっともストレートに怪談らしい一編。
 
 「黄雨女」は、前述の三津田怪談のスタイルの典型。
 黄雨女という言葉のフックが機能して引っ張られるストーリーだが、あちらこちらで齟齬が生まれ、また、収まりのつかない部分が残るところが、否応なく暗い想像を招く。
 
 「すれちがうもの」は、日常の中から生まれる現代的・都会的な一編。
 若い女性を主人公にした、都市伝説めいたモチーフ。本書の中では意図的な不整合は削られ例によってピースの欠落はあるものの、ややあっさりな展開。もう少し濃いところを期待したかったな、とも。
 
 カラーの異なる作品が一冊になっているので、誰が手にとっても好みの一編はありそうだ。ただ反対に、これはどうも、というのも混ざってしまいそうではあるけれども(笑)
 とはいえ、現代日本を代表する怪談作家の新作である。無論、買いで★3つ。

posted by Sou at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

現代百物語 殺意

 岩井志麻子のシリーズ5冊目。

 何だか、「パイプの煙」みたいに長期シリーズとなりつつある一口実話怪談集だ。
 正直、今更に抜群に面白いというものでもないし、一刻も早く本を手放してしまいたくなるような、忌まわしい実話もない。しかも、最多頻度で登場するのは、過去にも繰り返し語られている、とある女性、というのもややマンネリ感のあるところ。
 したがって、絶賛、というのも難しい。
 ただ、現代の東京を舞台として、あからさまに殺伐ではなく、人と人の間に黒く滲みる悪意を描いた99の醜悪な寓話は、甘すぎる感傷を押し売りしてくるメディアや話題に付き合った後ならば、むしろ、リアリティの端正さを備えていると言えそうに思う。
 第9話「あるフリー編集者の依頼」や、第25話「401号室の女」、第55話「食べ続ける女」、第60話「嘘の三八」など、作家の想像のコアに存在するであろう事実には、ずっしりとした重さを感じさせられる。
 
 それにしても、年一冊のペースで出る、この「シマコのちょっと厭な話」は、一体何時まで続くのだろうか。こういう長期連載も時代なのだろうなあ、と。★2つ。
posted by Sou at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

幽 Vol.25 特集:人形/ヒトカタ

 怪談の題材としては王道か、今号の特集は「人形/ヒトカタ」
 
 冒頭のフォトストーリー「そこは、わたしの人形の」は皆川博子と人形作家・中川多理のコラボレーション。
 現役幻想文学者中の第一人者による文章は、その文字数によらない世界の広がりを感じさせてもらえるもの。
 また、中川の手になる人形は、いずれも憂愁を刷いた表情が印象的。中川自身が本書中のインタビューで語る、創作の経緯も興味深い。
 
 同じく特集枠のインタビューには、山岸凉子が登場。
 人形がらみの怪談話がメインだが、こちらは実話とは言え、あまり印象に残っていない作品なのでやや物足りず。個人的にはこの作者の怪談と言えば、オールタイムベスト3には確実に入る「汐の声」あたりの創作秘話があれば聞いてみたかったところ。
 
 綾辻行人の「球体関節人形の魔力」と、京極夏彦による「人形は、なぜ怖いのか」は、両作家の視点と文化的な知識の獲得という、一種ペダンティックな文章で、もう少しエッセイ寄りの文芸的な文章でも良かったかと。そういう意味では、よりアカデミックな側からの明快なアプローチである、大道晴香のオシラサマ信仰についての論考などの方が、素直に楽しめたような気がする。
 
 連載小説のなかでは、京極夏彦の「虚談 ベンチ」が、スペクトルマンのプラモデルの話題などというリアル昭和40年代の世相を描写しつつも、灰色にくすんだ記憶の隘路に踏み込む物語。いや、この完成度でこういう同世代ネタを書いてしまっていいのか、とは思うものの、ネットの普及以降は、時代の流行などは読み手が検索してみればわかるわけで、そういう意味では読み継がれる小説の中での小道具の扱いというのも、変わってきているのかも知れない。
 
 同じく連載小説中では、恒川光太郎の「死神と旅する女」が良い。
 怪談というよりは常のように幻想小説であり、一部現代史の史実をなぞった展開は、作品の空気になじまないところもあったのだが、この作者の作品ならではのかすかな悲愁と吹き抜ける読後感は、本作にも健在。
 
 近藤史恵の「震える教室 いざなう手」は、偶然だろうが山岸凉子作品に登場しそうなバレリーナを目指す少女たちの遭遇する怪異。かなりストレートな怪談にして、しっかりと怖い。ただ、あまり怪談ジャンキーではない若い女性向きなのか、本誌の連載陣にあってはやや薄味な印象も残る。もう一二歩、陰惨に踏み込んでくれても、とも。
 
 朱野帰子の「藁人形」
 これはもう、女流怪談の王道。こういう作品は男性作家が描いても、どうしても嘘くさくなってしまう、女性の心の暗部をのぞきこむ一話。
 
 
 怪談実話では、藤野可織の「私は幽霊を見ない」が“おひっこし”新連載。
 “おひっこし”というのは休刊になったMeiからの、ということだろうか。一人称で語る作者の実体験なので肌に迫るものがある……かというとそうでもなく、相当にゆるい。というか、笑いを取りに来ている。
 ただまあ、そのゆるい日常こそが、対比となって……ということが今後あるのかどうか、とりあえず期待。
 
 
 ところで、本書で知ったのだが「ぼぎわんが、来る」の澤村伊智の新作「ずうのめ人形」が7月28日発売とのこと。26日には三津田信三の「怪談のテープ起こし」という、これもタイトルだけで購入決定作品が出るわけで、楽しみな月末になりそうだ。

 尚、今号には小野不由美の「営繕かるかや」が載っていなかったので、少し気落ちした結果評価の★は2つ半くらいとなった。
posted by Sou at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

深い森の灯台

 邦題と表紙のイメージから、ホラーと言ってもダークファンタジー系であろうか、と想像していたのだが、案に相違してこれはかなりオーソドックスなモダンホラー。
深い森の中に立つ灯台で、それを建てた男が自殺した。死の直前の彼から謎のメッセージを受けた保安官代理主任のキンブルは、この土地ではるか昔から恐るべき出来事が続いていたことに気づく。さらに丘陵の周辺で次々に不穏な出来事が起こりはじめる。事故を起こし幻を見たキンブルの部下。夜が来ると攻撃的になる動物たち。そして森に正体不明の青い光が現れ、新たな惨劇が……。
                  本書裏表紙 内容紹介より

 キンブルが探り出す町の暗い過去、ことに19世紀の鉄道工事に関わる歴史や、そこに現れる「魔」の佇まいは、欧米のホラーにおける定番だ。また、意図的な破調や、難解なテーマ性などもないので、そういう意味では奇抜さというものは感じられなかった。
 とはいえ、定番であればこその読み手を退屈させない細かな工夫は当然あり、たとえば、舞台の多くを、ネコ科動物の保護施設というユニークなものとしたことで、複数の動物たちの不可解な振る舞いによって、「魔」の輪郭が浮かび上がってくるなどは巧妙なそれであろうし、クライマックスへ至るところでの「仕掛け」の意外性も低くはないと思う。
 オーソドックスであることと、この工夫とのバランスが良好な作品なのだ。
 
 ただし、登場人物の抱える苦悩に、あまり感情移入できそうなものが無かったことは事実。これが、いまひとつ作品に愛着の湧かなかった理由だろう。もっとも、作者は1982年生まれと私よりもはるかに若いわけで、そのあたりのズレはいたしかたないものではあるのだろうが。★2つ。
posted by Sou at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

鎌倉ふしぎ話

 鎌倉を舞台にした、東郷隆による奇譚集。
 
全9編
「小物細工の家」
「屋台の客」
「白雨」
「蓮ちゃんの神さま」
「オアシスの声」
「面かぶり」
「木箱」
「スコーネの鰻」
「蜜柑」

 舞台となる時代が戦前から現在、まさに進行中のものまでも含むとあって、いずれも主人公の一人称での語りで綴られたストーリーは、その顔ぶれとして戦時下の鎌倉を知る老人から、スナック勤務の若い中国人女性まで、実に多彩なものとなっている。百物語ではないが、彼らの集った「ふしぎ話」の宴の記録を手にした気分にさせられる短編集。
 こういった作品の場合、物語の印象は語り手の口調のそれらしさに大きく左右されるわけだが、これが実に絶妙。必ずしも流麗ということではなく、訥々として時に躓くあたりまでもが、いかにも語り手のキャラクターをうかがわせて、さらに、その言葉で描かれる、それぞれの目に映った鎌倉の風景が、古都ならではの多様な魅力をみせてくれている。
 
 「小物細工の家」はモダンホラーの雰囲気。怪しい者どもが幽き姿を覗かせるのは、「屋台の客」「蓮ちゃんの神さま」「面かぶり」の三作。ユーモラスな語り口が楽しい「スコーネの鰻」。「木箱」「蜜柑」は敗戦秘史。ある種の都市伝説にも似た、自動販売機にまつわる奇譚「オアシスの声」が個人的ベスト。
 
 全編が独立したものではあるが、できれば続けて読んでその世界に浸ってみた方が、より楽しめるように思う。雰囲気の近い作品として、都筑道夫の「東京夢幻絵図」をちょいと思い浮かべたりした。
 
 職人による手際の鮮やかさ。★3つ半。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:怪談・ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする