2016年08月18日

前夜の航跡

 第22回日本ファンタジーノベル大賞受賞作に、「哭く戦艦」の一話を加えたもの。
 「入神の技」を持つ若き仏像彫刻師・笠置亮佑が、太平洋戦争前夜の帝国海軍に続発した「怪異」に関わる、玄妙かつ不可思議なエピソードの数々。
 
 全5話
「左手の霊示」
「霊猫」
「冬薔薇」
「海の女天」
「哭く戦艦」
 
 狭義の「ファンタジー」に分類される作品には、あまり食指を動かされることがない私なのだが、戦前の海難事故といういささか殺風景な史実を、ファンタジーの題材としてどのように料理し、ストーリーに取り込んでいるのか、というところに関心を覚えて購入してしまった一冊なのである。
 さて、その出来は、と言うと……実はいささか微妙なのである。
 
 作者の文章は、いかにも丹念に紡ぎ上げられたもので、印象に残る華麗な文章はみあたらないものの、危なげの無い安定感を備えている。また、帝国海軍の心霊特捜機関「丁種特務班」に所属する、芹澤大尉などの登場人物にも、魅力と個性は感じられる。
 しかし、残念なことに、それだけで次の頁をめくる手が止まらなくなる、というほどの強力なものではない。そして、これは私が狭義のファンタジーよりも、ホラー、怪談に嗜好の偏る読み手であるからなのだろうが、たとえばあまりに古典的なジェントルゴーストストーリーである「冬薔薇」などは、その物語そのものがどうにもこうにも大人しすぎるという印象が否めないのだ。好みの問題と言えばそれまでなのだが、もう少しヒネリが加わっていればな、というのが率直な感想なのである。
 
 収録作の中では、やはり支倉大佐と芹澤大尉のコンビが登場する「左手の霊示」と「哭く戦艦」が楽しく読める。殊に前者の冒頭、導入部の文章は丁寧で味わい深い。また、海難事故の現場を詳細に、しかし男性的に描写した「霊猫」「海の女天」は、ノンフィクションに近い迫力の感じられるところでもあった。
 
 ちなみに、影山徹の表紙も素晴らしいが、脳裏に浮かんだ登場人物は、森川久美風であったりした。私にはそういう印象が残った作品である。★2つ。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

翼に日の丸 外伝 極光篇

 仮想戦記というジャンルの嚆矢でありながら、未完となっていた『ラバウル烈風空戦録』を改題の上一部加筆を行って完結させたものの、外伝にあたる短編集。
 
全11編。
「加州下駄ばき訪問記」
「夢幻滑走路」
「うしろの撃墜王」
「龍虎戦線」
「最後の零戦」
「大艇漂流記」
「暁のドッグファイト」
「オーロラが消えた夜」
「鉄鯱狩り」
「独眼流皆伝」
「ベアキャット・ライダー」

 所謂仮想戦記というジャンルにおいては、国家レベルの視点から歴史の改変を描いた作品が一般的で、いきおいその内容も、質の悪いものでは秘密兵器大活躍、上質のものでも地道な国家政策のシミュレートであったりで、小説としてはかなり読者を限定するものとなっている。
 本書も読者を選ぶと言うことでは他と大差はないのだが、国家や個々の戦場における上層部の決定については、その殆どの場面において、主人公達一般兵士から見た、彼らが現実に知りえた範囲の記述にとどめられている。
 したがって、作中の登場人物は、無知に基づく大言壮語であったり、敵への蔑視であったりを案外に隠そうともしておらず、良くも悪くも舞台となった時代の一般的な軍人の水準から見た戦記物となっており、こういった作品に登場する、時代を超越した合理性やヒューマニティを備えた「良心的人物」にはなっていない。それゆえにこの作品は、仮想世界における「戦記物」というリアリティを獲得できている。

 軍事的考証については、私程度の素人には、まず気にかかることはないが、パラレルワールドという設定ゆえに、想像力を自由に伸ばして楽しんだ方がよさそうに思える。また、個々の作品については、生死を扱う物語ではあっても、過剰にドラマティックな筋立てとはなっておらず、飄々とした中に独特の哀感をたたえた、実話風の味わいがある。

 松本零士の戦場マンガを思い出す話などもあり。本シリーズを読んでいなくても、特に大きな不具合はなく読みすすめていくことの出来る短編集。★2つ。
posted by Sou at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

ウェスタン忍風帳

 菊地秀行による、忍者 VS ガンマン、という贅沢と言うか無茶と言うか、まあ、これぞエンターティメントの怪快作。
 
 語り手は、かの怪拳銃、コルト・バントラインスペシャルで知られた作家のネッド・バントライン。※1
 小説の題材になりそうな人物を求め、西部を訪れたネタ切れ寸前の作家・バントラインが、「シノビ」と名乗る超人的な身体能力を持つ日本人と知り合い、行をともにすることで遭遇する波乱万丈の冒険譚。
 登場する忍者たちは当然ながら全て架空の存在だが、ガンマンたちはドク・ホリディやジェームズ兄弟をはじめ、実在の人物たちが印象的な姿を見せる。しかし、こういった有名人を登場させ、舞台となる西部の町と社会もきちんと考証がなされているものの、それでありながらストーリーがすこしもリアリティに拘束されていないのは、さすが菊地秀行というしかない。
 なかんずく忍者の用いる戦闘技術である「忍法」は、当然、全てその原理の説明は省略され、ただ「できるからできる」式の豪快さで、西部の乾いた風に伝奇の暗雲をはらませて物語を颶風へと暴走させていくのである。さらに語り口は講談調とでも言うべき、メタな視点をはさむバントラインの名調子であり、いや、これもさすが菊地秀行。
 
 以前、「真田十忍抄」でも書いたことだが、この作家の作品はジャンルが何であるのかということはあまり関係なく、ひたすら菊地スタイルの娯楽小説として完成されている。したがって、そのストーリーや、何が面白いのかなどということをクダクダしく説明することの意味は希薄だ。
 菊地秀行だ!
 今度は西部劇だ!!
 この二言に集約された世界が、この一冊の中には広がっているということだ。★2つ。

※1 本作で知ったが、あのバントラインスペシャルというのは実在が疑わしいらしい。

posted by Sou at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

カルニヴィア 1 禁忌

 一言で言ってしまえば、国際謀略スリラーということになるか。
 主人公はイタリア軍の憲兵大尉とアメリカ軍の広報担当士官、どちらも若い女性だが、肉感的で奔放な前者と、まじめで学究肌の後者、と、コンビの定番らしく性格は書き分けられ、これにイタリア人の天才プログラマーと、引退したCIAの元大物工作員の老人がからんで、ユーゴ内戦期の「秘密」を追う、というストーリー。
 
 説明が大雑把なので、少々安っぽく感じられるかも知れないし、たしかにストーリー自体は、難解で哲学的示唆に富むようなものではないが、とはいえ、よくもここまでと言いたくなるほどに、登場人物それぞれの知識背景ががっちりと構築されているので、読み応えは生半なものではない。特別に魅力的な行動を取るわけではないキャラクターが、しかし、感じさせてくれる存在感の厚みは、本作の傑出した個性だろう。
 
 もちろん、キャラクターのみではなく、作品世界を支える情報についても、その「描き込み」とでも表現したくなる微にいり細にいった凝り方は、ああ、こういう作品を書く人は10年に1作くらいしか書けないんじゃなかろうか、などといらぬ心配をしたくなるほどだ。(さらに言えば、こういった職業作家による娯楽小説は、やはり巨大な読書人口を擁する英語圏でなくては難しいだろうな、とも思う)
 尚、ヴァチカンが関係してくるところからか、ダヴィンチ・コードを連想する指摘もネット上では散見するが、個人的には宗教系の秘史的記述は、本書の方が個性と味わいが上であるように感じられた。
 
 さて、続刊が待ち遠しい……というべきなのだろうが、少々ボリュームがありすぎて読み疲れがした(笑) 次は半年先くらいでよい。★2つ半。
posted by Sou at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記

 小川一水による中世ドイツを舞台とした、都市建設歴史SF小説?。
 
 いわゆる「盆栽系」と呼ばれるジャンルのゲームには、古代や中世、あるいは大航海時代以降の新大陸を舞台とした都市建設シミュレーションが存在するが、そういったゲームの愛好者なら、ひとつの都市が成長する様を為政者の立場から描いたこの小説の魅力は、説明不要と思われる。
 人口、文化、物資の供給、都市の防衛力、無論、小説なのでそれらが具体的なパラメーターとして表示されるわけではないが、折に触れて記述される町の賑わいなどで、その変化をうかがうことができて、お、結構充実してきたな、よしよし、という感覚を味わうことができるのである。
 といって、ある種のシミュレーション小説を想像されるとこれも大違いで、『復興の地』や『第六大陸』、あるいは代表作となりそうな『天冥の標』など、ひとつの社会を建設(もしくは再生)する人々を描いては抜群なこの作者による、その中世版という評価が正しいだろうか。
 ただし、いわゆる歴史小説に分類されないのは、異星からの訪問者であるレーズという存在を設定しているところだが、よくも悪くも彼女の登場は、作品全体にこの作者らしい明るさをもたらしているようで、歴史小説の堅苦しさを脱するものとして機能しているように思われた。
 作者自身は歴史については素人、と、あとがきで述べており、まあ確かに、佐藤賢一あたりの、同時代を扱ったものに比較すれば描写がちょっと薄いかも知れないな、という感もあるし、人口を確保すること自体がきわめて困難なあの時代に、これほどに短期間でひとつの町を発展させることが可能なのか、という根本的な疑問は存在するものの、こういった先行作の少ない時代・土地を舞台にした作品としては、まず抜群の面白さを持ったものかと思う。
 
 冒頭に登場する、刺青奉行のようなユリウス・カエサルのべらんめえ調に、テンポ良く巻き込まれて、後は一気に読み進めることのできる上下二巻、700ページの長編小説である。この作者のものは外れがない。★2つ半。
posted by Sou at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月21日

篠田節子SF短編ベスト ルーティーン

 本書中には作者によるこんな自己紹介がある。
SFからもミステリーからもホラーからもなんとなく弾き飛ばされて、どこに行ったらいいかわからない篠田でございます。
                    本書449ページ 「篠田節子インタヴュウ」より

 うーん、フォロー入れにくいな、これ(笑)
 本書は、その四不像的女流作家の多彩な作風が楽しめる一冊。

全10編とショートエッセイ+インタヴュウ
「子羊」
「世紀頭の病」
「コヨーテは月に落ちる」
「緋の襦袢」
「恨み祓い師」
「ソリスト」
「沼うつぼ」
「まれびとの季節」
「人格再編」
「ルーティーン」

 感興を覚えた各編への簡単な感想は以下に。
「子羊」
 もっとも一般的な意味でのSF的設定を用いた作品。人の心の束縛と解放とを思春期の主人公の視線から描いた作品だが、世界像にはあまり凝った作りこみがないので、非SFな読者にも間口が広がっている一方、いま少し歯ごたえに乏しいうらみもあり。
 
「世紀頭の病」
 スラップスティック風味ながら、加速して世界が崩壊していくのではなく、納まるところに笑いと共に納まるラストは、筒井康隆よりも小松左京のユーモアSFに近いものを感じる。
 
「緋の襦袢」
 ユーモア・ホラーとでも言えようか、岩井志麻子作品などを読んでも思うことだが、女性にしか描けそうにない、ひたすら心根の醜い老女の物語。自縛霊VS鬼畜老女という、しかし、対戦は総合格闘技ではなく、予想外の場外乱闘へ。
 
「恨み祓い師」
 “死なない老女の母娘”というホラー風味の設定。ゴーストハンターにあたる女性も登場するところは定番通りながら、超自然と自然がその立ち位置を交換しているあたりに作者独自のホラーへの味付けがあるように思う。
 
「ソリスト」
 本書中の随一。
 今更ながら、この作者の場合、音楽に関わりを持つ中年女性の思いを描くと出色のものがある。SFというよりはホラーか幻想小説と銘打ちたいところながら、芸術が官僚制の“玩物”的意味を持っていた旧ソ連の社会の冷酷性などをきちんと書いているところから、微妙にその分類にも納めにくい、硬質な現代の奇譚。
 
「まれびとの季節」
 えーと、『キリンヤガ』思い出しました(笑)
 ほとんど土着信仰化したイスラム教を奉ずる住民の島に、正統な教義と信仰が持ち込まれることで発生する騒動記。しかし、文化摩擦の最たる部分として言及されるのが、男性のフェティッシュな性欲の発露と言うのがまた、なんというか篠田イズムである。
 
「人格再編」
 私が私であるとはどういうことか、というアイデンティティの本質に迫るハードSF……ではなくて、ユーモアSFなのだろう。女流作家らしい人間への鋭い観察と、SF的発想を接合するには、無理を承知ということで本作のように笑いに包むほうが正しいアプローチであるように思う。

 個人的には、そのフィールド往来の自由さからも小松左京の短編集を思い出した。
 SF的なガジェットや世界観を過剰に追及することなく、万人に開かれた作品としながらも、尚その根幹には、たしかなSF的なマインドを擁しているあたり、である。性的な描写もあるが、大人の小説をちょっと背伸びして読み始めた少年少女たちにもお薦めしたい一冊。★2つ半。
posted by Sou at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

リリエンタールの末裔

 『華竜の宮』で一気に評価を高めたSF作家、上田早夕里による短編集。
 
 国産SFからは、随分と長く離れていた。
 何しろ、小松左京や山田正紀に親しんでいた高校生時代から後は、神林長平と谷甲州ぐらいしか読んでいなかったのだ。しかし、数年前に久々にこのジャンルに立ち寄って、飛浩隆やら伊藤計劃やらに接することで、おや、国産SFって結構凄くないか、というところを実感した(神林や谷が凄くない、という意味ではない。念のため)
 もっとも、SFマガジンさえ年に一冊も購入していない私が、内外を問わずSFについて語るなどこれは僭越も甚だしいのだが、しかし、素人は素人なりに、感興を覚えるところはあったわけである。
 
 そういった、私的国産SFルネッサンス(笑)の中にあって、科学技術と人類との関係を、自身の視点で捉えた上田の作品群は、「小松左京賞」がいかにもふさわしいと思われる作風だった。そして、このテーマは、私にとってのSFの「本流」でもある。
 本書の4編にも、その特色ははっきりと出ている。以下、その大まかな感想。
 
「リリエンタールの末裔」
「飛ぶこと」への憧れという、人にとって尽きることの無い願望と、それを実現する手段としての科学技術とのありうべき関係を、何も待たず、ただ情熱のみを許された若者が見出す過程を描いた表題作。未来を舞台としながら、ここで描かれるのはこの「関係」の、懐かしく幸福な再生だ。

「マグネフィオ」
 人の世界認識、その想いそのものを左右する記憶と感覚をコントロールするテクノロジーに纏わる哀感に満ちた一編。フェティッシュな色合いもありながらベースは純愛。ところで、飛や小川一水などの作品では、昔のSFには無かったエロティックな描写が随分と増えているのだが、この作者の場合、そこには節度が利いているので、私のような古い人間にも馴染みやすい(苦笑)
 
「ナイト・ブルーの記憶」
 これは、テクノロジーによって人間の感覚が拡張されることで……という、見せ方とディティールの描写に優れた作品と言えるだろうか。その認識される世界の広がりには雰囲気はあるのだが、ドのつく文系の私には、いまひとつと感じられてしまった作品。いや、悪くはないのだけれども。
 
「幻のクロノメーター」
 SFなのに何故か舞台は18世紀のロンドン。すは、これはスチームパンクか、と思えば……というところなのだが、中編だけあって登場人物の描写にも十分なページ数が割かれ、キャラクターには厚みがある。それゆえに、小説としては最も楽しめるものの、SFとしてのアイディアは、やや小粒に感じられた。
 
 4編共に水準はクリアしているとは思うものの、注目している作家によるもの、と思えば、少々物足りなさも覚えた。やはり私には同じ作者の手によるものでも、SFよりもホラー──例えば「眼神」のような──の方が嗜好に合うのかも知れない。
 それにしても、中村豪志のカバーイラストの美しさには圧倒される。★2つ半。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

魚舟・獣舟

 第4回小松左京賞受賞作家・上田早夕里による第一短編集。
 
 全六編
『魚舟・獣舟』
『くさびらの道』
『饗応』
『真朱の街』
『ブルーグラス』
『小鳥の墓』

 作者の受賞歴からもわかるように、本書はSF短編集。
 オビでは「SF史に永遠に刻まれる大傑作」とあるが、さすがにそれはどうかと思うものの、たしかに、このジャンル固有のスピリットに満ちた好短編揃いではある。
 
 いずれもバイオテクノロジーの発達した、近未来(『くさびらの道』のみはほぼ現代)の世界を舞台としたもので、物語設定の詳細な描写で、読み手の脳裏に奥行きのある作品世界像を結ばせ、さらにその中で、静かな感傷を伴った物語が展開される。
 
 中編である巻末の『小鳥の墓』は、作者の小松左京賞受賞作である『火星ダーク・バラード』の前日譚にあたる物語であるらしい。私はそちらは読んでいないが、エリートを育成する特殊な閉鎖都市に育つ、主人公の少年とその友人の物語は、大枠の設定としてはおよそ目新しさがないものの、それだけに作者の語り口の上手さがはっきりとわかる佳作。
 本編のみでなく、収録作の主人公はいずれも男性で、したがって女性である作者の描写には微妙な非現実感を覚えてしまうところもあるのだが、しかし、男性特有の行動原理への穿った視点などは、それはそれで面白い。
 
 表題作『魚舟・獣舟』や『くさびらの道』『真朱の街』など、作者が小松左京を「私たちの世代にとっては神様のような存在」と表現しているのが納得できる、70年代の小松左京の諸短編にどこか通じるもののありそうな味わい。さすがにご本家に比較すると、少々華奢に感じられるが、そのかわり独特の美しさがあるようだ。
 
 個人的なベストは、やはり世界の広がりが感じられる、『魚舟・獣舟』だろうか。尚、この後に発表された代表作『華竜の宮』と本作とのつながりについては、作者はこんなふうに語っている。★3つ。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

不連続の世界

 恩田陸による、ジャック・フィニイの『盗まれた街』へのオマージュであった『月の裏側』は、古典的な侵略テーマを、恩田陸風に再構築した「静かな終焉」の物語だったが、本書はその登場人物の一人であった音楽ディレクター・塚崎多聞を主人公に据えた短編集、全五編。
 
『木守り男』
『悪魔を憐れむ歌』
『幻影シネマ』
『砂丘ピクニック』
『夜明けのガスパール』

 『月の裏側』は一応SFではあったものの、この五編ではいずれもひととおり謎解きを行うわけで、作品を強引に分類するならば、これはミステリーということになるだろうか。
 しかし、これが恩田陸らしいというか、きっちりとした証拠と目撃証言から論理立てて、ソリッドな真相へと至るようなストーリーにはなっていない。少なくとも、作品の途中で真相を読み当てることはほぼ不可能に近い物語ばかりなのだから、読者が挑戦する類のミステリーではありえない。
 しかし、それは常に読者の予想だにしない結論を提示してみせてくれる、ということであるわけで、そういう意外性を持った「真相」が、登場人物たちの、硬質な悪意と柔らかな優しさの描写の向こうから最後に見えてくるのは、ジャンル云々で語れない、作者独自の魅力ということになるのだと思う。
 
 『木守り男』は、バブルへと向かう時期の東京で、「木守り男」という「ありうべからざるもの」を目撃する、多聞とその知人たちの物語。構成とその中に登場するモチーフの面白さで読めた作品なので、オチの弱さも案外気にならなかった。
 
 その音楽を耳にした人間が死ぬ──この魅力的な題材を恩田風に料理した『悪魔を憐れむ歌』は、本書中では一番私の好み。よく考えると、これは『怪奇大作戦』かも。
 
 『幻影シネマ』も、やはり不吉なジンクスに怯える若者の、記憶に残る奇妙な「映像」を多聞が解き明かすストーリー。読んでいて仁木悦子の『虹色の犬』をふいに思い出した。そういえば、この作者の作風にもどこか通じるところがありそうだ。
 
 『砂丘ピクニック』は、鳥取砂丘を訪れた、フランス人科学者による非現実的な記述の意味を、近隣の美術館で発生した「人体消失事件」とからめて解き明かす物語。短編ながらあれこれと挿入される逸話のイメージは実に豊かだ。
 
 男四人が夜行列車で怪談会を試みる、という『夜明けのガスパール』は、そこで語られる「怪談」がラストへとリンクするあたりの工夫が絶妙。最後に据えるにふさわしい、余韻のようなものがある一編。
 
 飄々とした塚崎多聞のキャラクターの魅力については、本書収録中の諸編でも理解できそうなので、特に『月の裏側』を読んでいなくても手に取るのに問題はなさそうだ。作者の既刊のうちでは『像と耳鳴り』が、もっともカラーが近いように感じられる。そのラインをお好きな人には特にお薦め。★3つ。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか

 P・K・ディック作品のタイトルをもじった、表題作を含むSF短編集。
駿河湾で揚がった巨大ウナギを食べた人間が食中毒にかかった。原因はウナギの体内に残留していたレアメタルのパラジウム。非鉄金属を扱う会社の社員・斎原は、そのウナギが日本の資源確保の切り札になると確信し、生息地を追ったが……(「深海のEEL」)。科学技術に翻弄される人間たちを描く、現代の黙示録。
                           本書裏表紙 内容紹介より

 全4篇
「深海のEEL」
「豚と人骨」
「はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか」
「エデン」

 内容紹介を読むと、結構ハードSF寄りにも感じられるのだが、実のところ遊び心なタイトルからも明らかなようにユーモア濃度も高く、その一方で考証はそれなりに詰めているので、読み味は小松左京の短編に近いものがある。主役たちの年齢が比較的高いことも含め、なにやら私などは同世代意識のようなものも覚えてしまうところである。
 以下、諸編の簡単な感想。
 
「深海のEEL」
 私も同じ駄洒落を思いついていた(笑)
 着想のとっぴであることもさりながら、企業、国家、大学、といった組織が、ひたすらに利を追うメカニズムとして暴力的に人間を巻き込み、しかし、そこに左派的な批判などではなく、悲鳴混じりの哄笑を呼び起こさせる、篠田節子らしいダイナミズムを備えたSF作品。
 
「豚と人骨」
 謎の遺跡発掘、という伝奇SFめいた滑り出しが、たしかに恐怖を増幅しながら輻輳するように笑いを呼び、しかも、なぜかひたすら下ネタへと向かう、これはむしろ男性作家であれば、えげつなくて書けそうにない一編。しかし、そこまで落ちつつも、話の本筋も主人公たちも、飽くまで生真面目でありつづけるのは悲喜劇と表現できそうだ。

「はぐれ猿は熱帯雨林の夢を見るか」
 映画で言えば、まず荒木飛呂彦推奨ホラーの「リンク」を思い出すのだが、よく考えてみるとこれは「ターミネーター」か、いやしかし、というストーリー。これも女性作家らしからぬB級ホラー的お下劣妄想が炸裂しており、恋愛小説方面から入った篠田ファンには悩ましい作品か。
 
「エデン」
 人の生について、という深いテーマに向けた篠田節子による思索のひとつ。
 ほかの3編とは異なり、コミカルな要素はほぼ排除されているが、アイディア自体はむしろ、もっとも非現実的。しかし、特殊な環境下での人のあり方を通して、テーマへの回答を模索するスタイルは、どこか旧共産圏の文学作品にも通じる深みを備えている。好き嫌いや面白さで言えば、他の3編が上位にくるが、作品としての評価では、こちらを挙げてしまうのは、私がもう若くはないからかもしれない。
 
 作者のファンで、70年代の日本SFも好き、という私のようなタイプは少数派かも知れないな、と思いつつも。★2つ半。
posted by Sou at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書:SF・冒険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする