2017年03月19日

貞子VS伽椰子

 ネット上の評判は上々である。真剣に怖い、という声も大きかったので期待も高まっていたのだが、さて。

 ストーリーはすでに説明するまでもない。
 光石監督作品の霊能力者の系譜に連なる、安藤政信演じるろくでなし霊媒師・経蔵による、バケモノにはバケモノを、という、これは看板に偽りなしの「VS」ものとなっている。
 そして、時代に取り残された映像記録媒体である「呪いのビデオ」が再発見される経緯、なかんずく導入部の、独居老人宅を訪問するケースワーカーのシークエンスは、Jホラーならではの静謐とかすかな腐臭が映像から漂い、耳元に屍体に集まる昆虫の羽音を聞くような心地がある。流血量で「怖さ」を呼び出すようなホラーとは、異なる世界を構築しうる監督なのだ。
 さらに続くリサイクルショップでの顛末も、アルバイト店員のキャラクターの面白さ──微妙にカンに障る──もあって、過剰になっていくしかない恐怖描写を笑いでごまかす方法を選択していない、これは「真面目」な続編だ。

 また、"彼ら”が自らのルールを厳守して、子供でさえも容赦なく餌食とするところも、予算規模の増大に伴って、ファミリー向けな甘さに浸食されがちな邦画としては思い切りのよいところであり、その妥協の無さも支持したい。
 ただし、この企画のハードルの高さも見えたところがあった。
 どうも、欧米風の実体を持つ怪物と異なり、物理的な力を持たない日本の化け物の場合、「対決」というのは映像表現には難しく感じられるのだ。
 端的に言えば、ジェイソンとフレディならばありうる格闘が、貞子と伽椰子では画にならない。暴力ではなく心理的な圧迫によって相手を潰す彼女たちが、恐怖という感情を残しているのかどうかさえ不明な相手に、その力を及ぼしていることをどのように観客にみせるのか、この部分については、一観客としては完全な満足感を得ることはできなかった。
 そういえば、本作には黒史郎によるノベライズ版がある。
 もしかすると、文章の方がこの部分については向いているのではないか、などとも思いついたのだが、さてどうだろう。
 
 とはいえ、それなりの予算で作られた本気の続編である。
 十分にお薦めできる一作。★2つ半。
posted by Sou at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

マッドネス・ヒル

 本作の監督G・キャメロン・ロメロの父親は、実はかのジョージ・A・ロメロ。
 父親と同じ仕事、しかも同じジャンルを選択しているのは“血”というもののなせる業なのだろうか。もっとも、題材に選んだのはさすがにゾンビものではなく、しかし、それ以上にアメリカンホラーの王道とも言えそうな「田舎ホラー」だ。
 
 1969年、ヴァージニア州の山林地帯。
 ワシントンへのヒッチハイクを楽しむ若者たちを乗せたトラックが、山中のバイパスルートにて故障する。
──丘を越えていけば、平行して走るもうひとつの幹線道路に出られる。
 トラックのドライバーに先導されて、山林に入る5人の若者。崩れつつある空模様を気にしつつ山中を急ぐ若者たちの視界に、一軒の農家が現れる……。
 
 まあ、タイトルからしても、そしてタイトルを見なくてもわかってしまう、この農家はやっぱりちょっとアレな家族の棲家なわけである。
 たんぱく質の補給には“旅行者”が一番、という食へのこだわりと、敬虔な信仰心の持ち主であるところはこの手の家族のお約束だが、類作とは些か異なり、彼らはそこそこに身奇麗であり、一見したところはありきたりの田舎の家族で、ごく普通にコミュニケーションをとって、たとえばその農家でお手洗いを借りたりすることも可能なのである。
 これは、食人者たちがフリークスという域をも通り越してモンスター化した『クライモリ』シリーズなどにあるような、笑いながら観るホラーに必須の、底の抜けた恐怖を排しているということでもある。つまるところ、より実話風の、グロテスクな厭らしさを感じさせられる方向に進んだ作品となっているのだ。
 
 さて、それは成功しているのか、と言えばまあそこそこ、というところか。
 網状の血管が透けて見える死体の皮を剥ぐシーンなど、結構にゴアなカットも盛り込まれてインパクトもまずまず。ストーリーの方も無難にまとまり、そこそこの予算で作成されたのだろう、大きな穴のない平均的な仕上がりという印象だ。
 ただし、やや盛り上がりに欠け、見終わった後に趣味を同じくする友人に語りたくなる類の、記憶に強く残る内容には、乏しかったように思われる。
 
 因みに、これも定番どおりにマザコンである殺人鬼の登場するこの作品を、監督は自身の母親に捧げている。プレゼントにもいろいろあるものではある。★2つ。
posted by Sou at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月20日

踏み切り

 
 2006年に制作された映画なので、本来ならばその翌年あたりには輸入されていても不思議ではないのだが、どういうわけか発売は2011年末。どうしても地雷感が強く漂うところなのだが、感想としては意外な拾い物というところ。

──大規模な鉄道事故で、スクールバスに乗った小学生が犠牲になったその踏み切りでは、ギアをニュートラルに入れた車が停まると、亡くなった子供たちが後ろから車を押し始める。
 そんな都市伝説の残る街に移り住んできたヒロインは、麻薬の事故で恋人を失い、自身も薬物矯正経験を持つ少女。しかし、やさぐれたキャラというわけではなく、むしろ過去の行為に誰よりも深い後悔をいだいており、その心のゆれが、本作ではB級ホラーらしからぬ丁寧な演出で描かれている。 
 また、面白いことにこの作品では、恐怖の主体は不活発だ。
 言わば“踏み切りの自縛霊”であるそれは、主人公たちを監禁することも、チェーンソーを振り回して追いかけてくることもできない。しかし、それでもちょっとした仕掛けによって主人公とその周辺に鮮血はしぶくのだが、そう導入するあたりの工夫が、この作品の肝だろう。
 といっても、凝ったものではなく、さらに独創性にも乏しいのだが、そこにはかっての名作ホラーへの、リスペクトが感じられる内容があり、さらに注意を凝らしてみれば、名作に通じるモチーフはあちらこちらにアレンジされて、本作の製作者たちがこのジャンルに愛着を持っている人々であることが見て取れる。
 
 率直に言って、現代のホラーとしてはたたみかける迫力にも、映像の刺激性にも乏しいし、といって見終わった後に感動が残ったりするわけでもないものの、安直なモンスターのキャラクター仕立てでシリーズ化を狙わない、姿勢の潔さには好感が持てる。ただし、飽くまでこのジャンルを愛する人向きの作品で、特にホラー好きではない人にとっては、ややヌルい作品、としか感じられないかも知れない。
 
 ちなみに、DVDのジャケットは恐ろしく低予算作品めいているのだが、作品の方はなんとか劇場公開しても不思議ではない程度のお金はかかっていそうだ。一応、ルー・ダイアモンドとかも出演していることだし。★2つ半。
posted by Sou at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

残穢 −住んではいけない部屋−

 原作はここ数年内の怪談小説中の個人的ベストである小野不由美作品。その映画化とあって期待と不安の半ばするところでの鑑賞となった。
 
 不安の大きなものは、この原作はあまり映像化に向いた作品とは思えないこと。
 なにしろ、導入部の「箒の音」を除いては怪異の様子をほとんど描かず、主人公の視点で集めた情報を組みたてていくことで、その輪郭を浮かび上がらせる、活字による表現を活かした物語なのだ。要は恐怖の「姿」は読み手の想像力に拠っているのである。
 「リング」にしろ「呪怨」にしろ、成功したホラー映画は、恐怖の対象をしっかりと視覚化している。なんのかのといって、それなしでは難しいジャンルなのだ。しかし、といって今更に90年代のJホラーへと後退して、髪を振り乱した女性を登場させてみたところで仕方が無い。2010年代にふさわしい新たな恐怖の演出が必要なのだ。
 
 この難題に対し、中村義洋監督は恐怖に触れた人々の、より詳細なディティール描写をもって回答とした。
 マンションの先住者である家電量販店の店員、隣人の夫婦、より古い時代の自殺者など、彼らのきわまった憔悴、明らかに心のバランスを崩してしまった表情は、彼らの接した体験の比類の無いおぞましさを、凡百のCGを用いても及ばぬほどに伝えるものとなっている。
 彼らを演じるのはいずれも著名な俳優ではないのだが、それゆえに観る側からの距離は小さく、その日常が壊れることのリアリティの重みは大きい。
 
 もっとも、本作にも露骨に怪異を視覚化したシーンはある。
 しかし、それはあまり精彩も必要も感じられるものではなく、正直なところ抑制した描写で創りあげた作品のトーンを乱してしまっているようにさえ見える。おそらく、このあたりは娯楽作品としての「わかりやすさ」を求められての挿入なのでは、などと邪推してしまうのだが、個人的には不要なシーンだった。
 正直、本作はもっと低予算で、CGなど使えず、ひたすら俳優の演技で見せる作品となっていれば、その方がより私の好みには合ったものとなっていたかもしれないとも思う。
 
 主演の竹内結子は今回は、頭は良いがおっとりとした女性作家という役作り。精神力の強さが前面に出るタイプでもないのだが、容易に恐怖に飲み込まれないところは、ジャンルのヒロインとしては異色だろう。
 夫役の滝藤賢一はもしかして綾辻行人の私物をそのまま借りたのでは、と思うほどに完璧なファッションと外見。佐々木蔵之介が演じる作家・平岡芳明の、徹底した不謹慎ぶりは、本当のモデルとは少々異なるのではないか、という気がするが、ある意味もっとも「怖い人間」としてキャラ立ちしていた。
 
 
 近年低調な邦画ホラーとしては、相当の傑作というのが個人的な評価。恐怖を観客に伝える演出の、新しくもなぜか手堅ささえ感じられる完成度に拍手。★3つ半。
posted by Sou at 20:58| Comment(3) | TrackBack(1) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

ファンハウス

 ハロウィンの夜、収監中の連続殺人犯5名が大挙脱走する。
 彼らが潜り込んだのは、自身の犯行をテーマとしてオープンしたファンハウスで……。
 
 という、まあありそうな設定ながら、シリアルキラーを5名+1名も集めてみました、というところがアメコミ原作モノ映画みたいな、なんとなくお得感な一作。
 正直6名も集まると全員の個性がくっきり、というわけにもいかず、加えて犠牲者の若者7名と女性保安官に保安官補、と91分の尺にしては登場人物も多目なので、やや駆け足な感は否めない。
 いっそ、これだけ殺人者と被害者を出すならば、山田風太郎よろしくサイコキラーとおバカ若者が、一人一人相討ちになって散っていくような趣向があれば面白かったと思うのだが、いや、もしかしたら、すでにどこかでそんな作品も撮られていそうな気もするが。
 
 それはともかく。
 たしかにシリアルキラーの個性は、一人で看板を張るにはやや弱いもののそれなりに立てられているし、有能な女性保安官とトンマな保安官補、清純派とビッチの二人の女性、リア充、映画オタク、と、ひととおりの定番キャラも揃えてみせているあたりは、きちんとジャンルの基本を押さえて手際が良い。
 また、ゴアなシーンはCGではなく特殊メイクに拠っているようだが、映像は田舎ホラーにありがちな血生臭さ漂うものなので、そういったややチープな手法がよくなじんでもいる。こういった、予算の限界がみえそうな箇所を画によって巧みに説得力を持たせているシークエンスは少なくなく、フィルモグラフィーははっきりとしないのだが、かなりジャンルを知悉し、愛着を抱いている監督なのではないか、という印象を持った。
 難を言うならば、出演者にあまり見目麗しいタイプが少なく、スタイリッシュな美しい画を求める種類のホラーマニアには口に合わないかも知れない。
 同じ邦題の、トビー・フーパーによる『ファンハウス』とは、ストーリーは全く似ていないが、血汁の溜まりから、ゴポリと笑いがはぜるような厭な感覚には、共通するものがありそうに思う。
 
 低予算ながら頑張って娯楽作品の枠を守ったつくりは、個人的には好感を持った。★2つ。
posted by Sou at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

MAMA

 ギレルモ・デル・トロ制作による米・西合作のホラー。
 
 心中を意図する父親によって連れ去られるも、その手にかかることなく、山林の中で生き延びた幼い少女二人。5年の後に奇跡的に保護された彼女たちを引き取ったのは、若き叔父夫婦だったが……という導入部。
 有名なオオカミ少女伝説(こちらも女の子二人)を想起させられる設定なのだが、問題は少女たちを育てていたのがオオカミよりもよほどやっかいな……というところ。
 
 こういう設定は、巨大な自然の残るアメリカでなければ成立しなかったことだろう。日本でやったのでは、リアリティが失われそうだ。
 もっとも、それでありながら「MAMA」のヴィジュアルは、東洋人風であり、その不気味さのテイストにもJホラーの影響が見て取れるように思われた。
 いまさらにJホラーと言うのも、であるし、加えてCGがグリングリンと威力を見せ付けてくれるのも、やや、これじゃない、感あり。なんというか、うそ臭いのが明らかでも、白い服を着た長い髪の女を実写で使い、CGはそれに効果を加えるサポートに徹した方が、と思ってしまうのは、あるいは着ぐるみ特撮文化で育った日本人である、私の感覚のズレなのだろうか。
 
 というわけで「MAMA」の“造形”についてはやや不満が残るものの、しかし、それでありながら作品としては個人的には高い満足感があった。これはなによりドラマ部分がしっかりとしていたからだろう。
 少女たちを引き取り、気乗りもしないままに母親役をつとめるうちに、母性に目覚めるヒロイン・アナベルの演技も、その過程での個々のエピソードも実に巧く、ある種定番化したキャラクターをなぞっていくことがむしろ求められることの多い、ホラー映画というジャンルで、もう一段深く人間像を掘り下げ、それに成功しているのである。
 アナベル役のジェシカ・チャステインは、蓮っ葉なパンクロッカーという、母親適性の不足するキャラからの変身の演技が見事、また、冒頭の数カットで、娘との心中を試みる父親を演じたニコライ・コスター=ワルドーの姿は、強いインパクトがあった。
 
 やはり、MAMAのヴィジュアルが最大の難点か。
 しかし、私はこの映画は好きだな。★3つ。
posted by Sou at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

喰らう家

 美女のサービスカットも、瞠目すべきCGの冴えも無いながら、アメリカではそこそこのヒットとなったホラー映画。邦題はれいによって原題無視だが、内容とは乖離していないので、これは良心的。
 
 一人息子を亡くした両親が、思い出の残る家を離れて転居してきた田舎町。19世紀半ばの建物ながら、格安の新居はなかなかに広く、しっかりとした屋敷だが……という、ホーンティングハウスもの。
 登場する「住人たち」の背景に、アメリカンホラーらしい周期性なども加えているところはこのシチュエーションとしては、やや目新しいとも言えそうなのだが、意外性を狙ったひねりはほぼ無く、ストーリーにも無理のない手堅さを感じられた。
 また、舞台は雪深いニュー・イングランドの田舎町であり、50代の夫婦と、同世代のその友人夫婦が遭遇する怪異体験という、主要登場人物も思い切り地味ながら、量的には控えめとは言え、スプラッタでゴアな描写でたたみかけてくる展開もあって、まず「普通のホラー」として素直に鑑賞することができる。
 
 それにしても、この作品のなによりの特徴は、やはり主人公たちの年齢の高さだ。
 そこを気にしないですむのは、観る側の私の方も近い年齢である……ということもさりながら、ヒロインを演じたのがかのバーバラ・クランプトンであったことが大きい。

 80年代ホラーの隆盛期の中で、スチュアート・ゴードン監督の数作品でヒロインを演じ、世界中のホラーファン青少年の脳裏に、消えることの無いピンク色の記憶を残してくれた彼女の主演作とあっては、少なくとも私と同世代のファンならばまずは、観なくては、と手に取るはずだ。
 そして、久しぶりに(個人的には「キャッスル・フリーク」以来)ディスプレイに映るクランプトンは、案外に品良く、息子を失った初老の夫人の悲愁を美しく演じている。
 やあ、お久しぶり、との軽い懐旧を覚えることができるのは、年寄りの特権だろう。
 
 尚、本作の監督であるテッド・ゲイガン自身が我々と同世代なのか、と思いきや、さにあらず、実はいまだ30代であったのはこれもまた意外。次の仕事も決まっているようなので、もし、懐かしいホラー作品へのリスペクトがらみの演出などが観られるのだとしたら、注視しておきたいところである。
 
 正直、私のように主演女優に関心がなければ、やや大人しい作品と感じてしまうのも否めないかも。故に個人的には★3つ半。私情を抑えれば★2つ。
posted by Sou at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

呪い襲い殺す

 インパクトあふれるタイトルだ。
 ひょっとすると、記憶に残ることではホラー映画史上でもベスト30くらいには入りそうなインパクト。……しかしなあ、そういうことで手に取るホラーの愛好家って、どのくらいいるんだろうか。まあ、それよりも一般の観客にアピールするほうがビジネスとしては成功するということなのだろうが、うーむ。
 
 さて、そういう飛び道具みたいなタイトルの、原題は「OUIJA」
 本邦ではコックリさんなどとも呼ぶお手軽な交霊術のこと。ティーンエイジャーたちが、これによって呼び出した霊によって次々と……、という「心霊ホラー」としてはタイトルに似ないオーソドックスさに加え、展開の方も実にオーソドックス。
 レーティングを考慮したのか、お色気系の女性は登場しないものの、ジャンルの定番の高校生たちが、これまたスケジュールに従うかのように死を遂げていくところは、アメリカンホラーの伝統芸。
 展開はおおよそ予想がつき、それを大きく裏切るようなものはないものの、本作は観ていて退屈を覚えることがない。きちんとした環境で撮影がなされた画は、ジャンルのものとしては安っぽくなっておらず、また、オーソドックスな筋立てとすることで、くだくだしい説明を省き、良好なテンポを獲得できているのもポイント。
 
 そして、もうひとつ加えれば、主演のオリヴィア・クックの魅力がある。
 欧米人にしてはやや幼い顔立ち、整っているということだけならば女優としては平凡だが、表情の豊かであることは抜群である。記憶しておいてもいい女優かな、と検索してみたところ、すでに評価も高まりつつあるらしい。
 
 ジャンルの教科書に載せても良いような正統派ホラー。
 カーペンターや、トービー・フーパーのように、得体も知れないままに観るものを巻き込むような情熱の奔流はないが、基本の出来た優等生のまとまりのよい作品も、私はけっして嫌いではない。★3つ。
posted by Sou at 20:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

血の儀式

 いまひとつ映像化作品に恵まれないことで定評のある、原作者はS・キング。ただし、本作については比較的私の好みに近かった。もっとも、その内容がどの程度原作に忠実であるのか、は例によって未読であるために判断がつかない。
 
 ものすごく大雑把にストーリーを説明すれば、魔女と噂され、忌み嫌われる祖母を介護することとなった少年の恐怖の体験、ということになるだろうか。
 
 この祖母のキャラが本作中のみどころ。
 孫が慕うところもそれなりに納得させられるものはあるが、しかし、孫以外に慕われることはありえないアクの強さ。性格が悪いというよりも、一人で生きてきた女性として強くなりすぎてしまった、というところか。そして、その強さの裏づけとして仄見える「もの」の姿は……と、このあたりの探求は、そう奥深くもないのだが、それによってストーリーの行方のおおよそが見定められるのは、ジャンルの娯楽作品としてはマイナスではない。
 また、ともすればホラー映画では過剰なまでに別世界として描かれてしまうアメリカの「田舎」だが、本作ではもう少し現実的な「地方都市」の保守的限界のようなものが見えるのも、やや珍しい。さらに、「魔女伝説」の内容が日本で言えば「憑き物筋」の伝承によく似ているところも、奇妙な一致点として関心をひかれたところだ。
 
 作品としては大作ではないが、その予算内で映像化できるものをきちんと消化して、過不足の無いものに仕上げた、という印象である。★2つ。
posted by Sou at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

トーク・トゥ・ザ・デッド

 鶴田法男の監督作品は、どうもいまひとつ印象が鮮明でない。
 その代表作も「おろち」あたりになるのかな、という認識だったのだが、しかし、私的には本作がそれに代わった。

 死者と話すことのできる携帯アプリケーションなるものが、このストーリーのメインアイディアだ。
 しかし、正直、デジタル機器を介して死者とアクセスするというアイディア自体は斬新なものとは言いがたく、また、訪れる死者の姿を始めとしたショックシーンも、既存のJホラー的演出に鮮烈な1ページを加えるほどのものではない。
 だが、この作品の味わいは、そういったホラー映画的要素のみを偏重するところにはないようだ。
 インパクトを優先した脚本のご都合主義を抑え、「呪怨」などとは対照的に、恐怖以外のキャラクターの心の動きを細かく描き、それを表現する俳優の演技を、ジャンル外の映画のように、魅力のひとつとしてきちんと見せてくれている。
 
 ことに、不幸な生い立ちを持つヒロインの同僚・マユは、自分を認めてくれる相手を切実に求める心の持ち主という、誰もがその姿をみつめ続けることに痛みを覚えるキャラクターとして、桜井ユキによる好演があり、また、ヒロインは、ある種パターンどおりの主役キャラクターゆえ、やや個性が弱かったものの、恋人役の青年は、いかにもその過去と現在をうかがわせる翳があり、脇を固めるベテラン、嶋田久作などとともによく印象に残った。
 そして、何よりもお薦めしておきたいのは、ヒロインの毒親役である毬谷友子の怪演である。
 これはもう、何というか本当に凄い。
 オーバーなアクションがあるわけでもないのだが、ちょっとした所作のひとつひとつからざらりとした荒んだ感触が伝わってくるのである。かってはタカラジェンヌであったという女優さんだが、このジャンルでの次の出演作を待ち望んでしまうところだ。
 
 「人間ドラマを描いた」と称する種類のホラー映画はおおむね駄作だが、同種の方向性を持ちながらこの作品に私が好感を覚えることができたのは、ホラーを方便として利用する種類の浅ましさが無いからだろう。目立たぬながら、佳作である。★3つ。
posted by Sou at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画:ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする